東京でタトゥー除去を行おう

レーザー以外の方法はタトゥーの大きさによっても異なる

レーザー以外には「切除法」という方法もあります。
タトゥー部分を名前の通り切り取ってしまい、周囲を縫い縮めるというタトゥー除去法です。
分割切除という方法も東京ではよく見られますが、これは大きいタトゥーを消したいときに使用されるもので、何回かに分けて切り取ります。
しかしこの場合、周りの皮膚があまり伸びない場合があり縫い寄せたときに傷がひきつる可能性があるのです。
回を重ねるたびに次第に皮膚が固くなるため、縫い合わせがしにくくなる傾向もあります。
そのため、切除が全て終わる前に中断してしまうケースも東京のクリニックではありますので、小さいタトゥーであることが大切です。

「植皮法」はまずタトゥー除去を皮膚を削ることで行い、その上に太ももなどの他の部位の皮膚を重ねてタトゥーを薄くします。
そのため、タトゥーの部位以外にも傷が残るという問題があり、一度で済まない場合には採取した皮膚の傷が深くなってしまいます。
メッシュ植皮法という方法も東京ではよく聞かれる方法です。
これは採取した皮膚をメッシュ状に加工した上で貼り付けを行うものですが、タトゥー部分がメッシュ形状のままになってしまったりウロコのような状態になることもあります。
メッシュ状にすることで、皮膚の吸着率は90%にまで高まりますが、リスクがあるということは覚えておくべきです。

タトゥーによって効果的な除去方法は異なる : レーザー以外の方法はタトゥーの大きさによっても異なる : タトゥー除去には技術や経験が豊富なクリニックや医師を選ぶべき